チョコレート商人②

c0089360_22394126.jpgNYで買ったチョコレートの話の続き。
②は袋物チョコレートです。
「リンツ」の「リンドール」、もともとはスイスのチョコですが、アメリカでも作られています。これも日本で買うよりかなり安いのです。
買ったのはミルク・ヘーゼルナッツ・ピーナッツバターのミックスです。
c0089360_22395535.jpgこれもアメリカでなく、イタリアの「バッチ」。Centry21で安く売ってました。
c0089360_22401476.jpg Dilettanteの「Chocolate Covered Bing Cherries」がトレジョで扱わなくなってしまったので、代わりにHarry and Davidのを買ってみましたが、Dilettanteのほうがずっと好み。
c0089360_2241592.jpgギラデリのスクエアーチョコ。「Rite Aid」で2つ7ドル。
c0089360_22412620.jpgトレジョのチョコ。
c0089360_22413852.jpg会社の同じチームメンバーへのお土産の「m&m's」の「Pretzel」。
c0089360_22414851.jpg帰国日の朝、「まだ荷物に余裕があるけど、何かいる?」と妹にメールをしたら、「日本より安かったら、『ハーシーのキスチョコ・アーモン』ドを買ってきて」と返信あり。
ちょうどRite Aidで2つ7ドルで売ってたのでゲット。(妹から代金がもらいませんよ。)

今日三浦屋で、このサイズのが800円強で売ってました。アメリカで約半額で買えたのですね。

改めて並べてみると凄い量ですね~。でもうちの分はこの1/5以下です。
[PR]

by lovelysheep | 2015-09-25 23:01 | NY15/09