香港 おまけ

他に香港で見かけたもの。

c0089360_19591392.jpgc0089360_19574164.jpg
                 11111111こんなところにイギリスのヒューさまが。(日本語タイトル「ラブソングができるまで」日本ではGW公開予定)キティは香港でも大人気みたいでいろんなグッズが売ってました。これは花束です。

これらは香港政府観光局が2003年から開催している毎晩午後8時からのイベント、「シンフォニー・オブ・ライツ Symphony of Lights 幻彩詠香江」です。香港の夜景をさらに豪華に彩る光と音の祭典です(約15分)。始めに各ビルが紹介されて、まるで手を上げるようにサーチライトがビルの上から出てちょっとかわいい感じ。英語・北京語・広東語のナレーションの日があるそうで、私達が観た日は英語でした。

c0089360_19575256.jpgc0089360_1958293.jpg
c0089360_19581264.jpgc0089360_19582380.jpg
夕べ一緒に行ったメンバーで集まって、5時間に渡る反省会があり、来年度の一丸旅行の日程も決まりました。というわけで、これで私の香港編は終了です。
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-25 20:13 | 香港07 | Trackback | Comments(3)

香港 事百機有限公司

c0089360_1123019.jpg
(写真だと大きく見えますが、お皿は直形15cmくらいで、ティーポットもレンゲも小ぶりなものです。)

 この食器を買ったのは通の友達から借りた「香港雑貨店ガイド」にでていた「事百機有限公司」。中国食器が安く買えると紹介されていました。以前香港に行った友達にも薦められたお店です。普通のビルの2階にあって分かりずらいよ&埃がたまっているのでウエットティッシュを持ってとも。場所はオシャレなSOHOにあります。見つけられない!近くのお店の人に聞いても分からないと。本当にビルに小さな表札があるだけ。
 薄暗い階段を上がっていくと大きな鉄格子の重い扉がある。ブザーを押すと、もうすぐ死ぬんじゃないかと思うくらいの年のおじいさんが足をひきずりドアーを開けてくれすぐにドアーが閉められました。中は暗くまるで倉庫のよう。そこだけ時が止まっている感じ。食器には確かに埃が積もっていました。中には他にも商売っ気のない親父が二人いて、客が行くとその方向の電気をつけてくれるという怪しい店。(私は怪しい思ったけど、仙人のようと書いてた人もいた)この密室で何かあっても、たとえこのまま生きて帰れなくても、決しておかしくない雰囲気。始めは私1人だけ。友達が前に行ったという話を聞かなければ入れなかったと思う。途中で日本人女性2人もやってきました。もしかして在庫処分をしているだけなのかも。
 安い!扱っているのは中国景徳鎮の食器。このポット、かわいいけど重い、で値段を聞くとHK$10(160円)とのことで購入。これすべてでHK$50(800円)です。800円なら途中で割れてもいいや。重かったけど。何も買わずには出れない雰囲気はありますが、買うつもりなら安くてお得です。(お店の写真撮ってくれば良かったと大後悔です)

 買う時はすっかり忘れてたのですが、中華食器は物により顔料に鉛が含まれていて食事には向かないものがあるんですよね?もしかして、これもダメかしら?どなたかご存知のかたがいらしたら教えてください。
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-25 01:42 | 香港07 | Trackback | Comments(3)

香港 お買い物~♪

香港に行く(行った)という話をすると、「買い物?」と聞かれることが多かったのですが、「違います!食べにです」。先月のNYで沢山買い物したせいか今回はバッグも洋服も化粧品も靴も家族個々のお土産も人へのプレゼントも買ってません。以前香港に行ったときはヴィトンのバッグやフェラガモの靴を買ったこともありましたが、今は以前ほどブランドにも興味もありません(現在の香港はそれほど割安感もありませんし)。ちょうど香港もバーゲンシーズンで一緒に行った仲間は靴買った人多かったです。私は本当に買い物しなかったのです、いえしなかったというとちょっと語弊がありますが。買って来たのは食べ物メイン。ネットで調べて皆が薦めるものを買ってみました。(どれも口にあって美味しかったです)

①食料
c0089360_194976.jpgまずは調味料。(八珍食品のXO醤・貝柱入りオイスターソース・チキンパウダー・金華ハムスープの素・李錦記のソース:Black Pepper Chicken&Black Bean Chicken)


会社用パンダクッキー

優の食品のドライマンゴー・ねぎクラッカー

c0089360_1162767.jpgc0089360_1143911.jpg
c0089360_1174685.jpgc0089360_1181477.jpg
c0089360_1191552.jpg干蝦・干貝柱(日本製ブロークン)

出前一丁XO醤味(香港は出前一丁が大人気でいろいろな味がありますが、一番香港らしいXO醤味を。)

ジャスミンの花茶・中国茶ティーバッグ

②イギリス物
c0089360_125899.jpgイギリスの「Marks&Spencer」の紅茶
Gold(お土産用・紅茶商人ですから)と
ローズのハンドクリーム

③中国ぽい物c0089360_1272623.jpgc0089360_1274349.jpg
c0089360_128052.jpg
シルクのパッチワークの巾着

テーブルセンター

景徳鎮の食器(詳細は別項で)

④高級品?@マンダリン・オリエンタル

c0089360_131225.jpgc0089360_131181.jpg
左がマンダリン・オリエンタルのカシミアショップで買った「パシュミナのストール」バーゲンで半額でHK$440(7040円)。今回の一番高い買い物です。各色あり迷ったのですが、結局薄ピンク。迷ってて、「ピンク持ってるし」と話すと「色違うから大丈夫よ」って片言の日本語で言われた。(私の持ってるの見た事ないくせに・笑)
右が私が欲しかった「ローズジャム」(「Strawberry Rose Petal Jam」)小(ビン込みで360g)でHK$148(2368円)超高級ジャムですよね?

こんな感じです。ほら買っていないでしょう?
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-24 01:47 | 香港07 | Trackback | Comments(5)

香港ホテル

c0089360_23314855.jpg今回泊まったのは旺角にある5つ☆の「Langham Place Hotel」(写真左側)最近出来たモダンなホテルです。9人中3組6人がステイ。私は探すのが面倒なので一緒にしちゃったというとこもあるんですが、大正解!予約の時点で3つのカテゴリーに分かれていて(Deluxe・Excecutive・Langham Hotel Club)あまりホテルにはいないしと一番安いDeluxeを予約(りんごで1部屋19300円)したところ、ワンランク上の33階のExcecutiveの部屋にアップグレードしれました。他2組はExcecutiveで予約、1組のみ36階のLangham Hotel Clubへアップグレード。
c0089360_23414295.jpgc0089360_23415495.jpg
c0089360_2342672.jpg部屋の中はこんな感じ。ここの売り、ガラス張りのバスルーム。ロールカーテンで閉めることもできます。大理石のバスタブ以外にシャワーブースが別にあり、シャワーが固定式でなくポイント高し。部屋にある大きな鏡やガラス張りとかで部屋を広く見せる工夫でした。アメニティも充実していて、まるで日本のホテルのように、浴衣・スリッパ・歯ブラシもありました。毎日1本ずつ無料の
c0089360_23491326.jpgミネラル・ウオーターの500mlのペットボトルがあったり、昼間部屋に戻るとジャスミンティーが入った竹篭のサービスあり。(この下が冷蔵庫です)お湯を沸かすポットとコーヒーメーカー両方部屋にあったのは私は初めてでした。コーヒー・紅茶・緑茶・ハーブティー・ミロまでありました。毎朝新聞のサービス、ちゃんと日本語の新聞です。
c0089360_2357316.jpg部屋の中はハイテクで大きな画面のプラズマTV(DVD)やホテル内で使えるIP電話があったり、他の部屋へ電話をかけるとちゃんと相手の名前が表示されてました。とにかく新しいホテルなのでどこもここもキレイで水周りも良い。ビジネスルームにはMAC&WINDOWSともにありメールをチェックしたり、帰りの飛行機のチェックインをしたり出来て便利。
(↑33階の部屋からの眺め)今回は珍しく3回ほどコンシェルジェにお世話になりました。現地の友達と会う約束がキャンセルになって、お互いに渡すものをコンシェルジュ経由でお願いしたり、スーパーの場所を教えてもらったりです。やり取りは英語で。とっても感じが良くて親切でした。チップ必要だったのかな?
NYのばか高く狭いホテルに嫌気が差している私達は大満足。もっとのんびりとホテルの部屋にいたかったです。
帰りドアマンに、「どうやって帰るの?」「バス」「迎えに来るの?」「パブリックバスで」ってバス停まで荷物を転がして行った私達。5つ☆には似つかわしくなかったのかしら(笑)。
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-22 00:24 | 香港07 | Trackback | Comments(0)

香港街歩き 香港島側

香港島側といっても、中環(セントラル)で降りて、ヒルサイドエスカレーターでソーホーまで行き、ハリウッドストリート、文武廟、キャットストリートを散策し、マンダリンホテルでのクリームティーまで5時間弱だけです。中環(セントラル)といえば、一般の人が思い浮かべる風水を取り入れた高層ビル群、金融街、ブランドショップが集まったショッピングセンターとオシャレな香港です。が、少し中に入るとまだまだディープな香港がギッシリ。c0089360_23395042.jpgc0089360_2340289.jpg
c0089360_23401468.jpgc0089360_23402631.jpg
c0089360_23403876.jpg

このあたりは坂が多いところ。ヒルサイドエスカレーターというエスカレーターが800mくらい続いています。途中から狭くなってました。時間帯で上りタイムと下りタイムが分かれていて、全部乗ると20分くらいかかるそうです。
c0089360_23405250.jpgc0089360_2341570.jpg
エスカレーターをSOHOのあたりで降りました。SOHOってロンドンやNYにもありますが、NYのSOHOはSouth of Houston streetの略ですが、香港の場合はSouth of Hollywood Roadです。香港のSOHOもシャレた雑貨店やカフェ・レストラン・バーがあり、まるでヨーロッパのような雰囲気(特に夜がだそうです)です。(写真撮り忘れ)Hollywood Roadは名前のイメージとは違って骨董通りでキャットストリートはガラクタ市って感じの通りでした。c0089360_23481892.jpgc0089360_23483345.jpg
c0089360_23484832.jpgここは「文武廟」1842年建立の香港最古の道教寺院で、学問の神とされる文昌帝と、三国志の英雄で武の神と崇められる関羽(関帝)が祭られているところです。


次は現代版の香港。その次がフェリーからの香港島の眺めと夜景です。
c0089360_23511986.jpgc0089360_23513689.jpg
c0089360_23515136.jpgc0089360_2352786.jpg

[PR]

by lovelysheep | 2007-02-20 00:00 | 香港07 | Trackback | Comments(0)

香港街歩き 九龍側

今回のホテルは旺角にある「ランガム・プレイス・ホテル」。ここは最近出来た5つ星の現代的なホテルなのですが、このホテルとランガム・プレイス(ショッピングセンター)は旺角ではちょっと街の雰囲気と違う場違い(?)な高層ビル。旺角は手頃な飲食店やブティックがぎっしりと並ぶ、香港を代表する庶民の繁華街で、女人街・スニーカー街・金魚街等のユニークなストリートが点在してるとこです。メイン通りから1.2本中の道を歩けば、そこら中に青空市場があるという感じ。オシャレな香港でない、ディープな香港を歩いてきました。c0089360_2305612.jpgc0089360_2311199.jpg
c0089360_2325182.jpg
ここは朝粥を食べた「花園街街市」の中です。香港は野菜の種類が多いように感じました。(とくに青菜)美味しくて安いし。香港はイギリス式の数え方、日本でいう1階がグランド・フロアーで2階が1階です。1階にニワトリの絵がありますが、次の写真の鳥屋、おじさんが捌いてます。
c0089360_23342.jpgc0089360_2331653.jpg
c0089360_2333196.jpgc0089360_2334256.jpg
c0089360_23105694.jpg


ここからは青空市場。
c0089360_23111227.jpgc0089360_23112736.jpg
ここは中国寺院の「天后廟」。海を司る道教の女神「天后」や土地の神様「福徳祠」などが奉られているそうです。
c0089360_23134259.jpgc0089360_2314962.jpg
c0089360_23142499.jpgc0089360_23143816.jpg
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-18 23:23 | 香港07 | Trackback | Comments(2)

香港2月12日チームばらばら+2月13日帰国日

先発隊の4人がこの日帰国。残された私達4人、朝食はホテルから徒歩圏内にある花園街街市(市場)の3階にある「妹記生滾粥品」で、「ピータンと牛肉のお粥」(HK$20:320円)。だしが効いていてとろとろで美味!!大量のピータン入り。1個以上だと思う。ここも日本語メニューあり。3階に近付くにつれ美しい鳥の鳴き声が聞こえてきました。親父達が鳥籠持参で自分の鳥を自慢しながら食事をしていました。

c0089360_10574052.jpgc0089360_10575975.jpg
c0089360_10582113.jpgc0089360_10584130.jpg
4人はここで解散で、4時にマンダリンオリエンタルでの待ち合わせまでバラバラです。香港島側に渡り、ランチは中環の「沾仔記」で「海老ワンタンメン」(青菜とでHK$19:304円)プリプリ海老入り。到着日のより美味しい!香港通の仲間の一押しの人気店。ちょうど1時ごろに行ったので、店の前は長蛇の列でしたが、1人だったので、すぐに入れました。さくっと安く気軽に食べることができ、しかも美味しいとこがあっていい場所だ、香港は。c0089360_11261599.jpgc0089360_1117365.jpg
c0089360_11185595.jpg

デザートは「沾仔記」から道1本違いの「檀島珈琲餅店」の「エッグタルト」(HK$4:64円)。ここも評判のとこですが冷めていたし高めだったので、感激度はイマイチ。
c0089360_11302144.jpg再び4人集合。「マンダリン・オリエンタルホテル」のケーキショップでティータイムです。私にとっては今回の旅行のメインイベントのひとつ。以前来た時に「アフタヌーン・ティ」ーをしたり、その次はスコーンとバラジャムを買って帰ったりの美味しい思い出のとこです。3人はケーキでしたが私は初志貫徹でクリーム・ティー。プレーンとレーズンのスコーンに、バター(何故?)・クロテッドクリームとバラジャムつきです。紅茶は「English Breakfast」。上品で美味しいスコーンでした。優雅なお茶のひととき。高級ホテルのお茶ですから、お値段もそれなりでHK$130(2080円)、ロンドンより安いか。
c0089360_11404288.jpg

またみんなと別れて途中「許留山」で「マンゴージュース」。夕食は4人揃ってレトロな雰囲気の「北京酒楼」で中国人に混じって「北京ダック」です。ここもまた親父が親切。焼かれた丸豚を切り分けてくれるのではなく、切った状態でお皿に出てきたのはちょっと残念。4人ほぼで完食!また豪快に食べました。これで1人HK$150(2400円)です。
c0089360_11421555.jpgc0089360_11423736.jpg
c0089360_11425159.jpgc0089360_1143513.jpg
c0089360_1143333.jpgc0089360_11434636.jpg
c0089360_11435920.jpgc0089360_11442217.jpg
c0089360_11504663.jpg 最後はホテルの近くの「許留山」の「マンゴー・プリン」をお持ち帰りで、ホテルの部屋で反省会(?)です。
c0089360_11544538.jpg 2月13日 帰国日 朝8:45発の飛行機のため4:40に目覚ましセット(寝たのは2時過ぎ)5:30にロビーで待ち合わせをし、5:45のバスで空港へ。空港でちゃんと朝食。最後は「マキシム」で「豚肉とピータンのお粥」(HK$27.5:440円)前日のお粥のほうが美味しかったけど、比べなければ日本では味わえないとろとろのお粥で満足。以上食べ物編でした。
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-18 12:01 | 香港07 | Trackback | Comments(12)

香港旧正月

今年は2月18日が旧正月。旧正月前の最後の週末に香港を訪れた私達。街はお正月の準備一色でした。とくに一丸デーは日曜日でお正月の買い物で道はごった返していて、まるで年末のアメ横みたいなとこもありました。あと、旧正月前の最終バーゲンでかなり下がっていたものもあったようです。
来年はイノシシ(というかブタ?)年。丸々太ったブタはお金が貯まる象徴?なのかな。

c0089360_11591344.jpgc0089360_124268.jpg
c0089360_11593817.jpgc0089360_11595013.jpg
c0089360_21374861.jpgc0089360_2138251.jpg
c0089360_120580.jpgc0089360_1201592.jpg
c0089360_1245536.jpgc0089360_125781.jpg
c0089360_1251857.jpgc0089360_1252962.jpg
c0089360_1254069.jpgc0089360_1255275.jpg
c0089360_126338.jpgc0089360_1261439.jpg
c0089360_1262495.jpgc0089360_1263514.jpg
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-17 12:14 | 香港07 | Trackback | Comments(4)

香港2月11日一丸デー③

お昼に豪快に海鮮を食べた私達。夜もしっかり食べました。6時半に北角の出口で待ち合わせ。香港島組みの2人も合流、が朝・昼と一丸だった仲間の調子がイマイチで脱落、8人での夕食です。ここ北角はおそらく観光客はあまりこないところ。そこの街市(市場)の3階にある「東寶小館」で現地の人に混じってです。でもちゃんと日本語メニューあり(一部)、現地駐在の人とか用かも。ここで食べたものもすべて美味でした。一部は店の親父が選んでくれました。香港の親父って面白くて親切。ビールはビール注ぎのお姉さんが笑顔で次いでくれます。ガラスのコップではなく陶器のカップにです。これで1人HK$87(1392円)です。市場の食堂は新鮮で安くて美味!!

c0089360_10481246.jpgc0089360_10482341.jpg
c0089360_10521946.jpgc0089360_10523268.jpg
c0089360_11173842.jpgc0089360_1052559.jpg
c0089360_1053939.jpgc0089360_10531950.jpg
c0089360_11185426.jpgc0089360_1119583.jpg
c0089360_1121436.jpgc0089360_1121552.jpg
c0089360_1122513.jpg
その後デザートを食べに「許留山」へ。「マンゴープリン」と「マンゴータピオカ」です。

そして、今度はオシャレな香港。インターコンチネンタルホテルの一面ガラス張りで香港島の夜景が一望できるラウンジへ。チャージがかかって、紅茶だけでHK$170(2720円)です。夕食との差が・・・。
c0089360_11271195.jpgc0089360_11272240.jpg
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-17 11:28 | 香港07 | Trackback | Comments(4)

香港2月11日一丸デー②西貢

この日のランチは朝と同じメンバー7人で西貢で海鮮ランチ。西貢は私達が滞在した旺角からミニバスで30分強のところ。香港の繁華街の喧騒から離れリゾート気分?写真のように海沿いに鮮魚店と海鮮料理店が並んでいます。

c0089360_231432.jpgc0089360_2315920.jpg
c0089360_2321052.jpgc0089360_2322290.jpg
 「供記海鮮酒家」で。なんとここにはメニューがない!!料理や調理法のコピーを用意した友達のおかげですべて美味しい海鮮をいただきました。私は見ていただけですが、何人かで生簀へ行って材料を選んで、調理法を選んででした。英語は通じずコピーと手振りでオーダーです。ここのレストランは海鮮だけでなく飲茶等もあって、他の客は飲茶が多く、あの時間にいた客の中で一番豪遊していた私達でした。
c0089360_2323386.jpgc0089360_2324583.jpg
c0089360_2325674.jpgc0089360_23378.jpg
c0089360_2365719.jpgc0089360_2354020.jpg
c0089360_2355117.jpg一番初めのが左の生簀に立っている細長い貝。次がシャコの素揚げ。日本のイメージのシャコとは大違い。見てください、この大きさ!1匹30cm以上。これで3つです。美味しい!!その次がロブスターのチーズガーリックソース。これでなんと1尾。大きくても身がしまってて歯ごたえありで美味しい!!わざわざここまできた甲斐があったというもの。(生簀の中でシャコの上にあるのがロブスターです)ロブスター最後の最後まで食べ続けていた私でした。
c0089360_23101118.jpgc0089360_23102271.jpg
c0089360_23162325.jpgc0089360_23163328.jpg
c0089360_2310339.jpgc0089360_23104597.jpg
c0089360_23105665.jpg 「トコブシの姿蒸」「青菜の炒め物」「巨大ハマグリの酒蒸」「イカと黄ニラの炒め物」「魚の蒸したもの」(お店の人がキレイにほぐしてくれました)最後のデザートです。どんなものが出てくるかドキドキでしたが、どれもこれもすべて美味しい!!豪快に美味しくいただいた私達、贅沢だ~。いろいろな種類を食べるこつは、炭水化物を取らないこと。チャーハンも麺類も一切オーダーしていません。これだけ食べて、1人5500円くらいです。日本では考えられない安さ!香港リピーターの人にはオススメです。
c0089360_01288.jpgc0089360_011819.jpg
c0089360_013362.jpgc0089360_014665.jpg
c0089360_015996.jpg
お腹がいっぱいでもやっぱりデザートは食べたいというのが乙女心(笑)。香港にも何店がありますが西貢が本店の「満記甜品」へ。日本語メニューありです。さすがに満腹のため7人で3品オーダー。この後またミニバスで戻り夕食の待ち合わせ6:30まで自由行動。
[PR]

by lovelysheep | 2007-02-16 00:09 | 香港07 | Trackback(1) | Comments(5)