カテゴリ:NY年末年始13/14( 45 )

NYで買ったもの~食べ物~

c0089360_0402840.jpg年末年始のNY、最後は買ったもので食べ物です。
「トレジョ」の買い物はすでに紹介したので、その他のもの。

毎回買うのもはほとんど同じですね。
c0089360_0404680.jpgc0089360_040579.jpg
c0089360_0412317.jpg6月より前に発券したので、23キロ2個まで預け入れOKでした。

で、「サラベス」のジャム、3つも買っちゃいました。
「ピーチ・アプリコット」が大好きなんですが、この味って日本で売ってない?
c0089360_0432147.jpg紅茶商人の名を返上しないと?

左は新発売の「トレジョ」の「スペシャル・チャイ」です。
c0089360_0415192.jpgチョコレートは少な目?

半分は「リンツ」。
「リンツ」ってスイスの会社だけど、これらはアメリカ産です。
日本より種類があって、安いんです。しかも、美味しい!
[PR]

by lovelysheep | 2014-03-17 00:51 | NY年末年始13/14

NYで買ったもの~食べ物以外~

c0089360_042456.jpgc0089360_0421620.jpgNY最後はお買いもの。まだ紹介していないもので、まずは食べ物以外。

SUBWAY MAP 2013改訂版がでていたのでゲット。3回目の買い替え。
c0089360_0422960.jpgc0089360_0423889.jpgジョンマスターオーガニックのリップクリーム。
前回買ってよかったので、今回は友達用もゲット。

「FISH EDDY」のプレート。ここ3回このサイズがなくて買えなくて、やっと買えました。これで4枚揃いました。
c0089360_0492530.jpgc0089360_0493729.jpg
c0089360_0503479.jpgc0089360_0504754.jpg
c0089360_0505799.jpg家族へのお土産は衣類。イマイチ写真が良く撮れていませんが、アメリカンブランド中心です。「ラルフ・ローレン」「ブルックス・ブラザーズ」「DKNY」「トミーフィルヒガー」等。セールの時期なので、安い。

「OPI」の「ラピットドライトップコート」いいですよ!これリピート。

最後の写真は、JFK空港のスタバの新しいNYのマグカップ。一つお持ち帰りしました。
[PR]

by lovelysheep | 2014-03-15 01:01 | NY年末年始13/14

Motown~Jan.2 ソワレ

c0089360_22325420.jpg最後の1本は「Motown」。「Kinky Boots」を観終えて、tktsに並んだ私。「Newsies」が観たかったのだけど、並んでいるうちに売り切れてしまって、ちょっと気になってた「Motown」にしました。

そう「モータウン・レコード」の「Motown」です。「モータウンレコード」を立ち上げ、ヒットさせたゴーディーの半生・アメリカンドリームを実現させた話。開幕は、1983年の「モータウンレコード25周年コンサート」で、遡り1幕最後は1968年。2幕は1968年から1983年へと進んで行きます。なかなか新鮮な展開。
音楽の嵐です。PLAYBILLのソングリストはアルファベット順に30曲くらいあります。(でも、聞いてて、私あまりモータウン知らないと思った)マイケル・ジャクソン、ジャクソン5、スモーキー・ロビンソン、テンプテーションズ、シュープリームスとかダイアナ・ロスとかでてきます。そんな中でも半分近く寝てた私。
「Kinky Boots」でやりすぎの一歩手前と書きましたが、「Motown」はやり過ぎ、もうお腹いっぱいだよ~。
これ「モノマネショーだよ!」特に、ダイアナ・ロス。
既存のヒット曲を使ったいわゆる「ジュークボックス・ミュージカル」でそのアーチストの生涯を描いたミュージカルはいろいろあるけど、「Jersey Boys」にしても、私が今回一番感動した「Beautiful」にしても、決してモノマネじゃなかった。

きっと、普段ミュージカルを観ない人で、モータウンの音楽が好きな人がみたら、楽しいんでしょうね。
観客を楽しませるためによくできた作品だとは思うし、駄作じゃないし、金返せとは思わないけど、私の好きなミュージカルじゃなかったということでしょう。
[PR]

by lovelysheep | 2014-03-13 22:00 | NY年末年始13/14

Kinky Boots~Jan.2 マチネ

c0089360_21444273.jpg年末年始のNY早く書き上げないと。

最終日のマチネで観た「Kinky Booots」です。チケットが売れてて、しかもホリデー価格で高い。1枚なら直前にリターンチケットで良い席が買えるかも?の期待は裏切られて、1階最後の列の真ん中の席で観劇。
トニー賞6部門受賞した作品です。ギリギリオリジナルキャストで観ることができました。

カラフルで、華やかで、明るくて、笑えて、時にジーンとくるシーンや、楽しいダンスシーン等心躍らせながら、観た楽しいミュージカルです。
これ、一般受けするよね。チケットが売れるのも納得。私的には、ジョニ・ミッチェルの振り付け大好きなので、いかにも彼の振り付けって感じでしたね。
でも、やり過ぎの一歩手前、ギリギリって思った私の目は歪んでる?
[PR]

by lovelysheep | 2014-03-12 22:11 | NY年末年始13/14

NYで食べたもの~部屋食

c0089360_051389.jpg年末年始のNY旅行から戻ってすでに2か月が過ぎちゃいました。
早く終わらせないと。

NYで食べたもの、最後は部屋食です。
私の定宿のひとつ「ミルバーン」は朝食付き。そこで食べなくても部屋に持ち帰れるので便利。ルームメートのSさん、予想より種類があって驚いてました。
各種ベーグル、ミニデニッシュや、シリアル、リンゴやバナナもありました。
c0089360_052455.jpg
ソーホーの「Dean&Deluca」で買った「サーモン&アボガドロール」。
これ以前食べて美味しくてリピートしました。
脂が乗ってて、美味しいですよ!
NYではマグロよりサーモンをお勧めします。
c0089360_054152.jpg大晦日の年越しパーティー用。
これ2人分、って全部は食べてないです。
c0089360_055578.jpgメキシカンも食べたくて、「チポトレ」でお持ち帰り。
オーダーの仕方を間違えたみたいで、かなりヘルシーな組み合わせでした。
c0089360_06585.jpg出発日のホテルの朝食。
この日はワッフルがあって、お兄さんが焼いてくれました。
[PR]

by lovelysheep | 2014-03-04 00:16 | NY年末年始13/14

Beautiful ~Jan.1

c0089360_0202375.jpg2014年1本目、元旦に観たのはキャロル・キングの半生を描いた「Beautiful」のプレビュー公演。事前に窓口で2階席の最前列をディスカウントでゲットしました。

現地からも書いたように、今回8本観た中で、一番私の心に響いた作品でした。
「Kinky Boots」のほうが、きらびやかでド派手で、ダンスあり、笑いあり、時にほろっとして・・・で一般受けするし、総合的にはよくできているのはよくわかるけど、私的には、こちらのシンプルな作品のほうがぐっときたのでした。
いわゆる既存の曲を使ったジュークボックスミュージカルで、半生を描くという点では、「Jersey Boys」と比べられるけど、男性と女性の違いや、グループとソロの違い(ニュージャジーとブルックンの違い・・・は関係ないか)もあり、「Jersey Boys」を観たよりも数倍感動しました。同じ女性として共感できたのかな?
キャロル・キングは名前とヒット曲数曲は知ってたけど、活躍した時代をオンでは知らないし、彼女のスターダムに上った道のりも知らないから、私にとっては、ジュークボックスでも伝記でもなく、ピュアな新作として観
c0089360_020365.jpgれたのかもしれません。
特に後半、素直に一緒に涙してた私でした。1幕の終わり、離婚して友達に励まされているシーンで歌うBarryもカバーしている名曲「You've Got a Friend」が始めの涙でした。この曲、私がもらったPLAYBILLには出ていなかったので、プレビュー中に追加されたのでしょう。(そういえば、オープニングパーティーに元アリスタレコードの社長クライブ・デイヴィスが来てて、ビックリ)

ストーリーはつまらないという人も多いようですが、誰もが認めるのはキャロル・キング役を演じたジェシー・ミューラー。物まねにならず(「MOTOWN」は物まねショーだった)、彼女なりのキャロル・キング像を作り上げ、抜群の歌唱力で歌い上げていました。
NY timesのレビューは作品に関してはボロクソだったのですが、With one very important exception. That’s Ms. Mueller, a Broadway star in waiting for several years, who here steps confidently into the V.I.P. room of musical headliners.Jessie Mueller is extraordinary.と彼女のことはべた褒めでした。(このレビュー英会話のレッスンでやりました)
派手じゃなくていいから、歌をじっくり聞きいたかたにオススメします。
[PR]

by lovelysheep | 2014-02-13 01:13 | NY年末年始13/14

Cafeteria

c0089360_17275965.jpgc0089360_172898.jpg
c0089360_17282083.jpg前日超混みで入れなかったチェルシーの「Cafeteria」へ翌日の朝食にリベンジ。
1/2の朝はさすがに空いてました。

前回ここで「パンケーキ」を食べて美味しかったので、リピートしました。
c0089360_17283575.jpg「Smoked Salmon Benedict」をオーダー。
エッグベネディクトは、卵が半熟でないとね~。
c0089360_17284669.jpg普通エッグベネディクトはイングリッシュマフィンですが、ここのはポテトパンケーキです。

「サラベス」で食べるより安いし、美味しいのでオススメ!
[PR]

by lovelysheep | 2014-02-12 00:15 | NY年末年始13/14

NYで食べたもの~続き

c0089360_174117.jpg元旦のお昼(と言っても3時ごろ)「カフェテリア」に行くも満席でかなり待つとのことで諦め、「ルパン コティディアン」へ。
NYには店舗も多く、ここは何を食べてもはずれないので、安心して入れます。

そう、今年の1/27に何故かマイナーな場所・東小金井店がオープンしました。
c0089360_1742356.jpg元旦のお夜食。
観劇後に、コリアンタウンの「ガンミオク」に5人集合し、「ソウロンタン」を食べました。
c0089360_1743639.jpg前回・前々回と改装中で食べられなかった「ロブスタープレイス」の「ロブスタービスク」。
今までにいったい何回食べたことか・・・以前ほどの感動はなくなっちゃいました。

改装して、そこで茹でたロブスターも食べられるようになっています。ここは日本かと思うほど、日本人が多いエリアかも。
c0089360_1744682.jpgNYに来たら1度はチーズケーキも食べないと!「チェルシーマーケット」の「サラベス」で買ってみました。レモンが効いていて、適度な濃厚さで、美味しかった!
[PR]

by lovelysheep | 2014-02-11 17:22 | NY年末年始13/14

MACBETH~Dec.31ソワレ~

c0089360_0513085.jpgc0089360_0515069.jpg
c0089360_052476.jpg大晦日のソワレはリンカーンセンターでETHAN HAWKE主演の「MACBETH」観劇。
大晦日はカウントダウンがあるので、タイムズスクエアー周辺の劇場では公演がありません。(一部マチネのみ)
で、何かやっているものはないかで見つけたのが、この作品。私はホリデープライスで定価$157でチケット予約。でも売れていないみたいで、一緒に観たSさんは直前の割引で$75、それでも空席が目立ってました。が、すべてを語ってるという感じ。

ほとんどセットがない何もない舞台で、白と黒の衣装、ライティングが素敵で、見た目はシャープな舞台。でもね・・・主役のマクベスが・・・段々精神的におかしくなっていく設定なのに、そうは見えない!
3人の魔女(男性が演じてました)のほうが、ずっと存在感があってよかった。主役が別の俳優だったらもっと違っていただろうに、勿体ないな~。

実力が伴わないと、知名度があっても観客には受け入れられないのだよ~と思った大晦日の2本でした。
私が何度もミュージカルはよかったと書いたのはこういうわけでした。
[PR]

by lovelysheep | 2014-02-10 01:04 | NY年末年始13/14

BETRAYAL~Dec.31マチネ~

c0089360_0111544.jpg大晦日のマチネで観たのは、前年映画「SKYFALLS」が大ヒットしたJames Bond役のDaniel Craigと奥様のRachel Weiszが共演の「BETRAYAL」。
ミーハーな私はチケット発売直後にチケットを押さえました。その後プラチナチケットになりかなりの値段までせり上がったみたい。ちなみにDaniel Craigの舞台を観るのは2回目(前回はHugh様と2人芝居の「A Steady Rain」)。
ミュージカルでなく芝居なので、事前に原作を3度読んで予習。最後は行きの機内で読み、内容はばっちり。弾丸トークでなく、間があいたセリフが多かったので、だいたい理解できたかな。
Jerryと愛人のEmma、そしてEmmaの夫・Robert(Jerryーの親友でもある)、3人のドラマを、JerryとEmmaの別れから出会いまで時間をさかのぼる形で描いた作品。それぞれの間に背信(裏切りや嘘というより、隠しているという感じ)があり、その裏切りを知っているのに知らないふりをしたりで緊張感やその微妙な駆け引きを楽しみにしていたのですが・・・

面白くなかった!どの関係にも愛情が感じられない!主役のEmmaが中年女性のかったるい雰囲気で、2人の男性を魅了しているようには見えない。(カーテンコールのRachelは、それはそれはキレイでした)。
どれが背信でどれは違うのか?背信とは何か?なんて考える芝居じゃなかった。
どなたかが書いていましたが、休憩なしの1幕90分なのは、休憩時間があったら、帰ってしまう観客がいるかたと。
それでも、生のDanielと、超美しいRachelを観れただけで、喜んでいる人も多いんだろうな。
ハリウッドのドル箱スターに隠れてしまったJerry役のRafe Spallが、芝居に対して一番熱いものを持っているように私には見えたかな。
[PR]

by lovelysheep | 2014-02-07 00:49 | NY年末年始13/14