ニューヨークの眺めのいい部屋売ります

c0089360_23451022.png友達から「良い映画だから見て~、特にNY好きにはたまらないと思う」と勧められていた「ニューヨークの眺めのい部屋売ります」、単館系でなかなかタイミングが合わなかったのですが、金曜にやっと見てきました。
ほっこりとした気持ちになる良い映画でした!観て良かった!!

まず冒頭のブルックリンのシーンから釘付け!タイトルの売ろうとしている部屋はウィリアムズバーグにあります!私が昨年の9月に闊歩した一帯でした。窓からウィリアムズブリッジ、その先にローアーマンハッタンが見えます。イーストリバー沿いのベンチに座って、マンハッタンを眺めたり、マンハッタン内の場面が出てきたり、NYにいるような気分になりました。

とっても気に入ってるこの部屋を売ろうとしているのは・・新婚以来40年間住み続けた老夫婦。理由はエレベーターがない5階の部屋でこの先を考えてのこと。売ろうとしている側と、自分たちが買おうと探す側とを描いた2日間(NYの不動産売買の様子が垣間見れたのも楽しかった)。本当はその部屋を離れたくなく、2人が出会ってからの様々なシーンを思い出していき、最後の決断をする、ハートウォーミングな映画。
主役の夫婦を演じるのは、モーガン・フリーマンとダイアン・キートンで、自然体でチャーミングな夫婦を表現していました。
長年一緒に時を重ねて築きあげてきた絆、素敵だな~、こんな夫婦になれたら素敵な人生だろうな~と、心に沁みました。

そして、もう一つ、エンドロールで流れる「Have I Told You Lately」!この曲を聞いて、さらに胸がキュンときてしまった私でした。

こんな素敵な映画で、大物俳優もでているのに、何で単館系なのでしょう?若い人見てもつまらないのかな?
熟年夫婦が一緒に観ていただきたい映画ですね。
[PR]

by lovelysheep | 2016-02-21 00:41 | Theatre